診療内容

SERVICE

Bスポット療法

B Spot Therapy

img

初めに、この治療は上咽頭擦過治療(EAT)と呼ぶことに統一されましたが、ここでは馴染みのあるBスポット療法の名称で解説してます。
Bスポットは鼻とのどの間、いわゆるのどちんこの裏側にあります。専門的には上咽頭という名前が付いています。
Bスポット療法の「B」とは、鼻咽腔(Biinku)の頭文字をとったものです。
上咽頭(Bスポット)は、鼻呼吸で必らず空気が通る場所なので、空気中のウイルス、細菌、汚れなどの影響を受けやすい場所です。つまり炎症を起こしやすい部位の一つになります。慢性炎症を起こしやすく、小さな場所ですが、慢性的な体調不良、肩凝りなど多彩な症状を出してきます。普段より若干体温が上がるというケースもあります。

Bスポット治療で期待できる効果

治療としては口の方から器具を用いて塩化亜鉛液、又はルゴール液を塗布します。単純に擦過するだけでも効果があるという意見もあります。実施時間は短いですが、繰り返すことにより効果が出てきます。塩化亜鉛液は治療の後痛みが強いケースがあるので、当院ではまずルゴール液で行なっています。
薬を塗る際、瞬間的に痛みを感じます。また、塗った後もしばらくヒリヒリしますが、これは効いていることの表れでもあります。治療後、消炎の目的でネブライザーを行なっています。

軽ければ1回のBスポット療法で症状が改善することもあります。個々の症状・炎症の度合いにもよりますが、基本的には週1~2回の通院をしていただき治療を受けていただくことが目安になります。

治療後、数時間程度は、血の混じった鼻水や痰が出たり、つばがピンク色(血が混じるため)になったりする場合がありますが心配はありません。

Bスポット療法は別途費用のご負担なく、通常の処置治療の範囲内で受けることができます。 1回だけでなく複数回治療を受けていただくことで効果を発揮します。飲み薬、ネブライザーなどの補助的な治療としてお考え下さい。対象となる疾患の治療を継続しつつ、並行してBスポット療法を行うのが良いでしょう。Bスポット療法以外の治療を中断する必要はありません。

上記をご理解頂いた上で治療をご希望される場合は、受付、又は医師に「Bスポット治療希望」の旨お伝えください。

診療内容のごあんない

当医院は耳鼻咽喉科として『中耳炎』『アレルギー性鼻炎』『蓄膿』『感冒(かぜ)』といった疾患の治療はもちろん、 “めまい”“頭頚”および“頭頚部腫瘍(がん)”を専門としています。

スギ花粉に対するアレルゲン免疫療法(舌下免疫療法)
女性医師の診療日
Bスポット療法
スギ花粉に対するアレルゲン免疫療法(舌下免疫療法) smartphone 女性医師の診療日 Bスポット療法

和光耳鼻咽喉科医院

埼玉県和光市本町2-6 レインボープラザ3階

048-467-0889

診療時間