診療内容

SERVICE

小児耳鼻咽喉科

Pediatric Otolaryngology

img

小児耳鼻科は耳・鼻・喉の専門家です。 子どもの耳・鼻・喉に関係する管は細いので、大人以上にそれらの相互関係が深いということです。例えば、鼻水か出るから、鼻だけ見ればいいということではなく、耳・鼻・喉全体を診察し必要な処置をすることが大切です。昔から“小児は大人を小さくしたものではない”と言われますが、今も小児医療の大きな考え方、見方です。小児に対して耳鼻科領域であつかう疾患はいわゆる気道(鼻・副鼻腔・咽頭・喉頭が中心ですが、又上気道・下気道(気管・気管支)の関連性は成人以上に密接に関わっています。したがって、小児科専門医医療とともに耳鼻咽喉科的なアプローチをして小児の気道疾患への治療をしていく事が必要です。このため小児耳鼻科の治療や小児気道疾患の手術の経験が豊富な耳鼻咽喉科、気管食道科専門医の診察・治療が重要になってきます。

小児のかかりやすい病気(一部)

症状として

などといった鼻の感染症状の後、急に耳を痛がり急性中耳炎を起こします。適切な治療により急性の中耳炎は大部分改善します(耳が痛くなくなる)。しかし扁桃腺肥大(アデノイド肥大)やアレルギー性鼻炎がある患者さんは鼻の感染がなかなか落ち着かず、副鼻腔炎の状態(蓄膿)となってしまうことがあります。こうなると耳と鼻をつなぐ管(耳管)も働きも悪く、耳に空気が入らなくなり、急性中耳炎の後に残った滲出液が中耳腔(鼓膜の奥側あたり)に閉じ込められ滲出性中耳炎となってしまいます。滲出性中耳炎が長期間持続すれば耳の発育が悪くなり、聴こえが悪くなったり様々な症状に悩まされてしまいます。小児期の副鼻腔炎は良くなったり悪くなったりしやすく、薬を飲んでも効果が思ったほどでないこともあります。耳鼻咽喉科でのこまめな鼻の処置やネブライザーの治療が重要と考えています。

不安になったら、まずはお気軽にご相談ください

滲出性中耳炎について

中耳炎というと痛いものという印象があると思いますが、中耳に水(正確には滲出液)がたまって鼓膜の動きが悪くなるために難聴を引き起こすのが滲出性中耳炎で、急性の炎症を伴いないので痛みを感じません。急性(痛い)の中耳炎の治り際に起こってくる場合と、知らず知らずにかかっていて難聴で発見される場合などがあります。適切な治療を受ければほとんど治る病気ですが、放置するとより将来難聴が残ることがあります。

なぜ起きるのでしょう?

中耳は鼻の奥とつながっていて(耳管)気圧の変化によって中耳の圧が変わると空気の出し入れしてそれを調節しています。お子さんの場合は耳管が大人と比べて太く、短く、水平に近いため鼻のどに炎症があると中耳に波及しやすいのです。また、小学校低学年くらいまでは、鼻の奥にアデノイドという扁桃組織があり、これが耳とのつながりを悪くするために中耳炎を起こしやすいということもあります。アレルギー性鼻炎や蓄膿、風邪も原因となります。

どういう症状があるのでしょう?

先ほども書いたように痛みがないので周囲の人からはわかりにくいのですが、難聴のために後ろから呼んでも返事をしないとか、聞き返しや聞き間違えが多い、テレビの音を大きくする、テレビに近づきたがるなどがあります。ちょっと年齢が上がってお兄さんお姉さんになると、自分から耳が変だと言ったり、耳が詰まった感じたり耳鳴りを訴えることもあります。

どういう治療をするのでしょう?

1. 保存的治療

基本は中耳に空気を送ることです。一番生理的なのは普通通り鼻の方から(耳管経由)茎を入れることですから、鼻のどの処置(ネブライザー)や通気治療、マクロライドという抗生物質を少量ずつ最高2〜3ヶ月内服します。

メリット
  • 切らないで済む
デメリット
  • 手間と時間がかかる
  • 時間がかかったわりに治らないことがある
2. 外科的治療

それでも滲出性中耳炎が治らない場合、鼓膜の方から空気を入れることを考えます。鼓膜に小さな穴を開けたり(鼓膜切開)、小さな管を入れて換気する(チュービング)といった手術療法を行います。必要なら同時にアデノイドや扁桃腺を切ることもあります。

メリット
  • 長期に薬を飲まないですむ。
  • 頻繁に通院しないですむ。
デメリット
  • お子さんが動くと外来ではできない
  • 極稀に鼓膜に小さな穴が残ることがある

滲出性中耳炎の治療は時間がかかり、一度治っても再発することもあります。しかし、小学校低学年以上の年齢ではほとんどなくなる病気ですから、それまでの間適切な治療を受けていれば、将来にわたって難聴を残す可能性は低いと言えます。

当院では、津城1〜2ヶ月の保存的治療を行って効果がない場合に外科的治療を行っています。ただし、中耳炎が高度な(ひどい)場合や他院でずっと治療していて治っていない場合はそこまで待たずに外科的治療を行いこともあります。切開やチュービングは大体4歳くらい以上の年齢であれば、外来(局所麻酔)で可能です。
どのような治療をどの時期に行うかは、所見と治療に対する改善度で変わってきます。あくまでもケースバイケースですから疑問点はなんでも質問ください。

いしぐろ耳鼻科

川崎市川崎区池田1-6-3 八丁畷クリニックファーム3階

044-589-8714

診療時間